ウェブページ

無料ブログはココログ

« ビーストウォーズ リターンズ ラットル | トップページ | WHERE THE WILD THINGS ARE »

2010年1月16日 (土)

デジタルモンスター 超進化シリーズ アンドロモン【USA版】

この前CMを見て初めて知ったのですが、
わたくしの敬愛するロックバンドTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTのライブ映像集が1/20に発売されるそうです。

THEE LIVE [DVD] DVD THEE LIVE [DVD]

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2010/01/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ええ、もちろんCMのあと速攻で予約しましたとも!
早く20日になーれ(・∀・)wktk

Guardromon01

話変わって今回はバンダイ(アメリカ)製の玩具をひとつ。
デジタルモンスター・シーズン3から超進化ガードロモン→アンドロモンを御紹介ィ!!

Guardromon02

名前:ガードロモン

必殺技:ディストラクショングレネード

特徴:ゲコモンの村でヒロカズと出会う。ヒロカズと共にゲコモンの村をオロチモンから守る中パートナーになる。
※解説文は全て公式HPからの転載です。

Guardromon03

訳あってまだ後ろ姿はお見せできません・・・。

正面から一枚。
某鉄〇28号をリスペクトしたかのようなレトロフューチャーで可愛らしいデザインが素敵です。
うーむ、何だか寡黙そうな子だ(アニメ未見故のテキトー発言ですゴメンナサイ)

Guardromon04

顔アップ。
デフォルメロボは良い、心が洗われるy(ry

Guardromon05

Guardromon06

ガードロモン時でも手足はそこそこ動かせます。
うわーヤベーなんか超可愛いんですけど!コレ超可愛いんですけどッ!!(落ち着け

Guardromon07

Guardromon08

そして禁断の裏側。

アンドロモンの腕をバックパックに見立てるなどの工夫もみられるのですが、やはりこの致命的なまでのスカスカ感はそう簡単には払拭出来ません。いや、それでも笑顔で受け入れてこそ真のジェントルか(何

Guardromon09_2

Guardromon10_2

「ガードロモン進化!」

両脚と腰を伸ばし、ガードロモンのガワパーツを展開、変形させると・・・!!

Guardromon11_2Guardromon12_2

名前:アンドロモン

必殺技:ガトリングミサイル、スパイラルソード

特徴:人型タイプのサイボーグデジモンの完全体。人型としては最強の強さを誇る。

ガードロモンからアンドロモンに超進化!!
とにかく背負いこめ!という変形スタイルのせいかガードロモンのガワパーツは全て背中に集中することに・・・まぁ、大型バックパックだと思えば大丈夫かな(^^;

Guardromon13_2

顔アップ(二回目)
目深にかぶったドクロアーマーが格好良くもどこかキュートで素敵。
ってかアレ?よく見たらキバの塗装省略されてるじゃん・・・orz

Guardromon14_2

Guardromon15_2

さすがにメインモードなだけあってガードロモン時より良く動きます。
これで腰が回ってくれたらもう少しポージングの幅が・・・ってちょっと贅沢過ぎますね。
はぁ、最近の変形玩具って本当によく動くよね!

Guardromon16_2

Guardromon17_2

今回の記事を書くキッカケになったガルダモンとツーショット。
じつはこのガルダモン(2号)、しょうけら覚え書き(仮の管理人であるNTさんからの頂きものだったりします(・∀・)<謝謝!
ちなみにガルダモン(1号)っていうか普通にガルダモンについては既にNTさんがレビュー済みだったりするので気になる人はコチラからドゾー☆

Guardromon18_2

【今回の感想とか】
背中について触れなければ両形態ともかなり良いデキなので個人的には気に入っています。
短所ばっかに注目してもつまらないよ!(必死)
あ、それと超進化シリーズはあと四体ほど手元にあるので・・・隙あらば他のヤツらもレビューするかもしれません。(一応)乞うご期待!!

« ビーストウォーズ リターンズ ラットル | トップページ | WHERE THE WILD THINGS ARE »

デジタルモンスター」カテゴリの記事

コメント

>狂薬売店さん
おお!お久し&あけおめでーす!
へへっ、今年もたぶん変化球ばっか投げると思いますの適度に期待して下さいまし(笑)

超進化シリーズは変形玩具好きの好奇心を刺激する不思議な魅力がありますからねー。ただ、アンドロモン含め国内未販売ものが多いのが少々厄介なんですけどね(^^;)
そして、かくいう私も作品の知識は皆無に等しいので機会があればファーストシーズンはくらいは見てみたいなと思ってます(一作目は評価が高いそうなので)。

>THEE LIVE
おお、さすがですね。私は最近情報収集を怠っていたので本気で知りませんでしたよ・・・ふふっ幕張で生涯のファンを誓ったのにも関わらずこの体たらく、自分の不甲斐なさに涙がk(ry

>ベスト+DVD
オリジナル全部+ベスト版も前のヤツを二枚持ってるのでさすがにコレはちょっと迷い中です。ただ、数日後には適当に理由を付けて買ってるかもしれませんね・・・例えばそう、W購入特典とか(笑)

そういやミッシェルさんといえば公式サイトでアベさんの追悼Tシャツが販売されていたので二枚ほど買わせて頂きました。背中にプリントされた1966-2009を見ると未だに胸が締め付けられます(ノ_-。)

THEE LIVE早く届け!!!

>akikkeさん
そうなんですよね~、リアル系はリアル系でもちろん格好良いし大好きなんですが、偶にはこう息抜き的な気楽な造形のものが欲しくなってしまうのです。
超進化シリーズは変形前後の差が激しい物がほとんどなので、変形機構に注目するよりはそのギャップを楽しむことに特化した玩具なのかもしれません。

>ナウシカ
まさかの巨神兵キタコレ・・・なぎはらえ!
確かに長い腕とかたたずまいなんかは巨神兵と似た雰囲気がある気がしますね。
あ、ちなみにナウシカは漫画版を読んで以来クシャナ様が一番好きです( ^ω^ )

★世界を巣食って幻想グラインド

>NTさん
こちらこそ2号の件は本当にありがとうございました。
彼女は今同期の二人と仲良くマイデスクを占領中でございます☆
こうなると確かに3号の行方も気になるところ。おぉ、間違ってもオクなどに出されてませんように・・・ッ(人><。)

>ガードロモン
中古SFCソフトを購入→前所有者のクリアーデータ発見→横着して強くてニューゲームでスタート→即ラヴォス戦で超テンパるですねわかります(経験談)
まぁ、後ろからになんか見てはいけないものがあるのはこのシリーズ共通の仕様みたいなもんですから・・・キニシナイキニシナイ!
中身のピンク色はパッケージ写真だと薄紫系の色で塗られていてもっとヴァイオレンスな感じでしたよ。
いつか私もキバと一緒にゾンビカラーに塗ってあげたいものです。

超進化シリーズは曲者ぞろいで楽しいですよ~。
NTさんも次の子を是非是非!!(さすがにもう50円じゃ買えないと思いますけどw)


お久しぶリリィ
遅ればせながら明けましておめでとう御座います
今年も渋いチョイスのレビューを楽しみにしてます

デジモンは作品自体は詳しくないのですが、変り種の
変形物として超進化シリーズは好きなトイです
このアンドロモンも両形態共に違った魅力に溢れていて
是非機会があれば手に取ってみたいものです

THEE LIVEは発表があった時に即効予約しました
去年末に出たベスト+DVDもまんまと買ってしまいまして(笑)
ベストやPV集など改めて買うまでも無いんですがついつい…

たま~に・・・リアルな造形物から・・・
ちょいデフォルメ系に行くと・・・
確かに心和む(洗われる気が^^;

ともあれ、結構・・・違う感じになるんですね~☆
アンドロモンの時・・・
僕的には、「風の谷のナウシカ」で・・最後の方に出てきた人類の最終兵器ロボみたいに見えます~(笑)

ご紹介ありがとうございます♪
50円ズ2号は仲間の多いところへ行けた様で何よりですw
共に売られていた3号は果たしてどんなところへ行ったのか、
何となく気になりますねw

そしてガードロモン。このころっとしたフォルムはイイですね~。
クロノトリガーにこんなキャラいたよ! なんて思ってしまいましたw
禁断の後姿は…足、足から何か出てる!?
あ、アンドロモンになっても足から中の何かが出てるw
よりによって中身がピンクなのがまた、
ちょっとした狂気を孕んでいるかのように見えますw

このシリーズ、やはり侮りがたい存在ですね、うん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ビーストウォーズ リターンズ ラットル | トップページ | WHERE THE WILD THINGS ARE »