ウェブページ

無料ブログはココログ

« デジタルモンスター 超進化シリーズ アンドロモン【USA版】 | トップページ | TFアニメイテッド ブレイジングロックダウン »

2010年1月18日 (月)

WHERE THE WILD THINGS ARE

Wtwta01

もうすぐ会える

いよいよ明日、「かいじゅうたちのいるところ」が公開になりますね。
島での冒険やキャラクターの性格など、絵本では語られなかった部分をスパイク・ジョーンズがどれだけ膨らませてくれたのか、いちファンとして非常に楽しみな映画です。

・・・ってか大丈夫だよね?子供向けだしブラックジョークとか猥談とかないよね!?マルコビィーーッチ!!(落ち着け

あ、ちなみにこども店長には悪いけど私はたぶん字幕版をm(ry

以上、1月14日雑記より

※これより下は映画の感想と見せかけてのキャラクター解説です。
そこそこネタバレを含んでますのでこれから映画を見る方は御注意ください。

という訳で「かいじゅうたちのいるところ」を見て参りました。
本当なら色々と感想などを語りたいところなんですが・・・御存知の通り私は文章を書くのが大の苦手でしてね(´Α`;)
なので今回は映画を見ることで判明した各キャラクターの情報を主に書いていきたいと思います(もしかしたら微妙に記憶違いがあるかもしれませんが・・・。)
この記事を読んで少しでも映画の方に興味を持って頂ければ幸いです。

Wtwta02

※画像のフィギュアは映画版はメディコム、原作版はマクファーレンの物になります。

まずは本作の主人公MAX(マックス)
彼はいたずらと空想(即興話)が好きな少年で、母親と姉の三人で暮らしています。
しかしある日、自宅で母親と母親の恋人が仲良くしているところを見てやきもちを焼いたマックスはオオカミの着ぐるみを着て家の中で大暴れ!母親を怒らせたマックスはそのまま家を飛び出して・・・って危ない危ない!このままだと普通に全シナリオを語る羽目になるところでした。相変わらず絶好調だな俺(苦笑)

マックスに関して簡単に説明するなら甘えたい盛りのごくごく普通の男の子。
もっと自分だけを見て欲しいのに。かまって欲しいのに!それなのに姉も母も友人や恋人と楽しそうにしている。そんな寂しさからくる不安、苛立ちから彼は暴れて物を壊したり、母親に逆らったりして自分の存在を必死にアピールします。
そして紆余曲折の末謎の島に辿り着き、そこでマックスはかいじゅうたちを統べる王になるのです。

Wtwta03

続いてかいじゅうたちを御紹介していきましょう。

写真の彼はCAROL(キャロル)
キャロルは力が強くてジャンプが得意で少々(?)癇癪持ちなかいじゅう。
彼は仲間意識が非常に強く、常に仲間と一緒にいたいと思っています。そのため部外者との交流を続けるK.W.の事を快く思っておらず、彼女とは度々衝突してしまいます。
ただ、彼がK.W.に怒るのは仲間意識以上の特別な思いがあるためのようですが・・・。

ちなみにマックスを王様に仕立て上げたのはこのキャロルで、彼はマックスの持つ「王様の力」を使えば自分たちの不安は無くなりみんなと一生楽しく暮らせると信じています(王様の力については劇場でお確かめ下さい)

Wtwta04

彼女の名前はJUDITH(ジュディス)
ジュディスは自他共に認める陰険な性格の持ち主。仲間の一人であるアイラとは恋人関係にあるんだそうです。
彼女は時折マックスを食べてしまおうと皆に意見するものの、その都度キャロルやK.W.に反対されてしまいます。

Wtwta05

彼の名前はALEXANDER(アレクサンダー)
アレクサンダーは少し臆病者なかいじゅう。彼はみんなが自分の話をあまり聞いてくれない事に対して不満と寂しさを感じています。劇中ではよくブン投げられていたのが印象的でした(主にキャロルに)。

Wtwta06

彼の名前はBULL(ブル)
ブルは寡黙で力持ちなかいじゅう。劇中で彼が喋るシーンはほとんどありませんが、彼は「良いひと」でありたいと思っているようです。ちなみに彼は絵本の表紙絵に唯一描かれたかいじゅうとして有名です。

Wtwta07

彼の名前はDOUGLAS(ダグラス)
ダグラスは「いざという時頼りになる」、「肩が強い」などキャロルから絶大な信頼を受けているかいじゅう。ただ、本人はけっこうニヒルな性格で、初めの頃は遊びの最中にワザとマックス向かって木を倒しペチャンコにしようとしていました(勿論失敗に終わりましたが)。
あと、島では長さや距離を測る際「ダグラス」と言うユニークな単位が使われています。
例)7ダグラス=横になったダグラス7人分の距離。稀にポッチャリ。

Wtwta08

彼女の名前はK.W.(ケーダブリュー)
K.W.はかいじゅうたちの中でも一番の人格者で、マックスの良き相談相手でもあります。彼女にはかいじゅうたちの他にボブテリーという二人の友人がおり、マックスが島に来る前は仲間たちの元を離れその二人と共に生きようとしていました。

このボブテリーっていうのがこれまた相当曲者でして・・・マックスが彼らと会うシーンは実にスパイク・ジョーンズらしかったです(^^;)
もしかしたら人間なんじゃないかと匂わせといてあの仕打ちですからねぇ・・・マックスもさぞガッカリだったでしょう。

Wtwta09

そして最後にIRA(アイラ)
前述したとおりアイラはジュディスの恋人で彼は常にジュディスの事を気遣っています。あとアイラはかいじゅうたちの中で唯一(?)仕事を持っており、その内容は森にある木の幹に拳で穴を開ける事です。そして開けた穴の所有権は彼にあり、その穴は彼だけの物になります。
ただ、その行為に何の意味があるのか・・・それは永遠の謎です。

※残念ながらアイラのみ原作フィギュアが存在しません。

以上、キャラクター解説でした。
写真のフィギュアはちょっと無表情なところがありますが、映画のかいじゅうたちはそれはもう表情豊かでとっても可愛らしかったですよ。特にキャロルの可愛さはガチ!あとダグラス素敵過ぎるよダグラス(*゚∀゚)=3ハァハァ

映画本編は予想に反して完全に大人向けでしたが、かいじゅたちが大暴れする姿は小さいお子さんたちにでも十分楽しめると思います。
ただ、やはりこの映画は昔子供だった人たちにこそ見て頂きたいですね。マックスやかいじゅうたちの姿を見て幼いころの自分を想うのも悪くないと思いますよ~(◎´∀`)ノ

かいじゅうたちのいるところ Book かいじゅうたちのいるところ

著者:モーリス・センダック
販売元:冨山房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« デジタルモンスター 超進化シリーズ アンドロモン【USA版】 | トップページ | TFアニメイテッド ブレイジングロックダウン »

ノンジャンル【混沌】」カテゴリの記事

コメント

★箱版MHFのトレーラー見ました。返り咲き決定w

>スパズマさん
わー嬉しい!スパズマさんもご覧にn・・・って4回も見てるですかッ!!すご過ぎるww

>かいじゅうリュック
原作キャラのシルエットがクールなアレですね!良いなぁ♪
逆に私はフィギュアでお金が飛んじゃったからバッグ系は断念したんですよ(;∀;)

>RAHキャロル
このフィギュアもよく出来てはいるんですけど、ちょっと劇中よりスマートな印象があるんですよねぇ。
そんな訳で私もRAHキャロルに一票だ!!モフモフしたいぜッ(真剣で)

>涙をカツアゲ
へへっ、私も大分持っていかれましたぜ。
それにしても何で涙と鼻水って同時に襲ってくるんでしょうか・・・おかげでマスクを1枚ダメにしましたw

>右腕は差し替えパーツはないのかな
あのシーンを再現するのには必須ですね。あの後のダグラスの対応が大人過ぎて私は一気に彼のファンになりましたよ・・・。

ああ、私ももう一度劇場に足を運ぼうかな。また絶対泣くと思うけど。

おお!サンダラさんとは本当に気が合いそうだ!
映画はもう、本当に大好きで・・4回見ました(苦笑)

フィギュアいいなあ・・欲しくなってきます・・
メディコムの「かいじゅう」リュック買いましたよ!
(可愛けど・・あれ、使うかなあ)。
マックスの顔、いい感じに可愛らしく出来てますね。
キャロルあたりがRAHで出ない物か・・(無理だよなあ)
映画を見るとふさふさしたのも欲しくなっちゃいますよね。

かいじゅうたちの造形、素晴らしかったですよね〜。
可愛らしい中にもどこか哀愁を漂わせてて。
良い歳こいて何度も涙をカツアゲされてしまいましたよ!!
普遍的なテーマを持った、優しい映画だと思います。

>ダグラス
1人だけ鳥類っぽいから目立ちますよね。僕もダグラス大好き。
右腕は差し替えパーツはないのかな?(笑)

★こんな時間にごめんなさい

>yudaiさん
その節ではどうもです。まぁ基本テキトーなことしか書いてませんがよろしくお願いしますね(笑)

>かいじゅう
こっちのCMでもなんかすごい人気とか煽りまくってますもんね。日本でも同じくらいヒットしてくれると嬉しいです。
かいじゅうたちは皆とってもブサ可愛くて堪りませんよ。個人的にはその中でも一番の男前キャラ、ダグラスくんが一押しです(゚m゚*)

どうも、先日は絵チャでのTwitterの件、感謝しております。
「かいじゅうたちのいるところ」って有名な絵本が原作なんですね~。
なんとも奇妙な仲間<かいじゅう>達ですがものすごく愛嬌のある顔してますね。
全米2009BEST3になってました…結構人気度高いですねぇ

今後ともどもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デジタルモンスター 超進化シリーズ アンドロモン【USA版】 | トップページ | TFアニメイテッド ブレイジングロックダウン »