ウェブページ

無料ブログはココログ

« ボンバービーダマン爆外伝V デビルホーネット | トップページ | トランスフォーマー ダークサイド・ムーン サイドスワイプ(G1カラー) »

2011年5月 6日 (金)

スターウォーズ トランスフォーマー ジェネラル・グリーバス/グリーバス・ホイール・バイク

今回はSWTFシリーズからグリーバス将軍/グリーバス・ホイール・バイク(国内版)を御紹介します。

Grievous01_2

Grievous02

Grievous03

グリーバス・ホイール・バイク

正式名称「ツメウ6・パーソナル・ホイール・バイク」
SWエピソード3/シスの逆襲に登場。ウータパウでの戦いの中グリーバスがオビ=ワンから逃走する際に使用した環状型回転式バイクで、機体の大部分を占める回転式ツインホイールと鉤爪のついた四脚を使い分ける事によって高い機動性を発揮する。

なかなかブッ飛んだデザインですが脚については意外と理にかなっている様子。
ちなみSWTF版は
劇中の物よりかなりオーバースケールに作られておりますゆえ・・・本家のファンの方、御了承下さいm(__)m

Grievous04

Grievous05

コックピットギミック&パイロットフィギュア

搭乗席にはパイロットフィギュアのグリーバスを座らせる事が可能。
造形については3cm弱のミニフィギュアにしてはまあ頑張ってる方なんじゃ・・・ない?

Grievous06

Grievous07

車体右側にはダブル・ブラスター・キャノンを装備。
最近のTFでは縮小傾向にある(?)ミサイル発射ギミックを楽しむ事が出来ます。

Grievous08

Grievous09

ロボットモード

元々がスリムでサイボーグなエイリアンなのでSWTFのメカメカしいアレンジとの相性は抜群。っていうかほとんどアレンジされてないよねコレ。まんまグリーバスだよねコレ・・・ッ!!!

変形については一見単純そうに見えるものの、首や胴体、股関節、足首の伸縮に加えカカト部分の展開など実は細かいところで小技が効いています。
なお、グリーバスの変形については
「タイヤの収納が鬼門、タイトで固くて死ねる。」という話で有名ですが、ウチの子は変形遊びを繰り返している内にいつの間にやら丁度い緩さになっておりました(笑)

Grievous10

正面から。
背負い物以外は見事なまでにグリーバス。超グリーバス 相当グリーバス(何

Grievous11

Grievous12

フェイスアップ。
顔も特にアレンジされてないと思います。塗装はがれや塗りの荒さはキニスンナ。

Grievous13

Grievous14

Grievous15

可動式の指に独特な形状の脚部の再現、そしてパイロットの安全性皆無なコックピットの配置など色んな意味で驚きがいっぱいな各部。

Grievous16

グリーバス(スターファイターVer.)と比較。
アニメイテッド仕様のスターファイターVer.も十分魅力的な玩具ですが、実写をモデルにしている分ホイールバイクVer.の方が情報量が多く見栄えは良いかも。

Grievous17

Grievous18

続いて武装編。
メイン武器はジェダイから奪ったライトセイバー×2
未使用時は背中のバックパックに収納する事も出来ます。

Grievous19

バイク時のメイン武器であるダブル・ブラスター・キャノンも装備可能。
・・・と説明書には記載されているものの、実際はグリップになる部分(凸ジョイント)の長さが足りずグリ―バスの手には持たせられません。写真のはただ腕に乗っけてあるだけです(^^;)
あ、それとミサイルはシス側のライトセイバーとしても使えそうですよ?

Grievous20

Grievous21

Grievous22

Grievous23

Grievous24

Grievous25

Grievous26

Grievous27

Grievous28

Grievous29

Grievous30

Grievous31

Grievous32

Grievous33

Grievous34

Grievous35

アクションの数々(写真28~33はループ可。延々とオビ=ワンに斬りかかるプレイが楽しめるぞ)←どーでもいい
余計なガワパーツが一切なく関節軸も多いのでSWTFとしては異例とも言える可動性の高さを誇ります。っていうかコイツ、既存のグリーバスフィギュアの中で一番動くんじゃないだろうか(^^)<亜種だけど

Grievous36

以上、グリーバス将軍/グリーバス・ホイール・バイクでした。

とにかく両形態の再現度の高さが素晴らしい逸品。
SWTFの「スターウォーズのビークルがパイロットそっくりのロボットにトランスフォーム!」という無茶苦茶なコンセプトにこれほど順応できる組み合わせはもう出てこないんじゃないかな・・・。

グリーバス好きの人なら買って損なし!オススメです!

Grievous37

この遊び心溢れる(無駄にコストのかかった)パッケージも堪らないよね☆

※正面左下のスピンディスクを回すとトランスフォーム前後の姿を見る事が出来るゾ!

« ボンバービーダマン爆外伝V デビルホーネット | トップページ | トランスフォーマー ダークサイド・ムーン サイドスワイプ(G1カラー) »

TF・スターウォーズ」カテゴリの記事

コメント

>たあたんさん

コメントありがとうございます!

実はこのグリーバス将軍は私がはじめて購入した玩具・・・つまりはこの趣味に堕ちるきっかけになった玩具なんですねー。
故に他の玩具たち以上に愛憎入り混じった特別な感情(?)があるのは確かです(゚▽゚*)

>素晴らしいチープさ・・・
SWTFは実際手に取ってみるとけっこう印象変わりますよねー。
最近自分は旧オビ=ワンばっか弄ってますよ。ほんと遊びやすくて良い玩具だな~って思います。まあ見た目はry

いやぁ、グリーバス将軍かっこいいですねー
サンダラさんの愛を写真からも感じちゃいます!

私も何体か持ってるんですが、
ここで見かけるたびに欲しくなっちゃうんですよね。

そして遊んでみると素晴らしいチープさ・・・

そこがこのシリーズの魅力ですよねヽ(´▽`)/

>スパズマさん

いや、もしかしたら手下のドロイドの設計ミスで渋々搭乗パターンかも・・・(笑)

>パイロットフィギュア
うーん、流用できそうなのは主要キャラのルーク、ベイダー、オビ、アナキン、グリーバスですかね。
一番数の多いトルーパー系はメットの色、デザインを気にしなければイケると思います(SWTFの兵は実は全員デザインが違ったりする)

ううっ、ヨーダはパイロット以前にコックピットが(;ω;)


>昔のパッケ
スピンディスクやケレンミ溢れるバタ臭イラストなど子供心をくすぐる実に良いパケージっだったんですけどねぇ・・・でも販促効果はイマイチだったのかな?(ワールドワイドな目線で)


>つくもさん

もちろん存じておりますとも!
確か初期シリーズの詰め合わせでしたよね。遅ればせながら当選おめでとうございますでした(◎´∀`)ノ


>申し分ない可動やスタイル
いや~、将軍様はほんと元のデザインに助けられてますね。
なんたって他のSWTFが必死になってビークルモードに変形してるのに対し、将軍様は四つん這いになれば土台完成というある意味お手軽変形で・・・そりゃあ可動仕込んだりプロポーション突き詰める余裕も出てくるわなあと(笑)


あ、初期シリーズについてはエックスウイング以外は割とみんな良い出来ですよ(見た目はアレだけど)
特にオビ=ワンなんかは変形玩具としてはさり気に高いレベルで作られてると思います。遊びやすいし高プレイバリュー!ステキ!!(見た目はかなりアレだけど)

>映画
グリーバスの腕が4本に割れるシーンを初めて見た時はマジで心震えましたね~。
でもそのあと簡単にオビ=ワンに腕切られてショボーン( ´・ω・`)

あと個人的に虫みたいにカサカサ逃げるシーンもコミカルで良いなあとw


さすが将軍!コクピットに登場してもムキだし状態(笑)

新旧の将軍を見てて思ったんですが、やっぱりフィギュアオミットは
「昔のに付いてたのを使ってね!」ってことなんでしょうか‥
あ、それだとヨーダは無いのか‥

昔のパッケ‥懐かしいぜ!本当無駄に凝ってましたね(笑)

このグリーバスは『ぶっちぎり!トランスフォーマーベル』のakikkeさんに頂いて所有しているのですが、そのクオリティの高さに正直驚きました。

自身が乗るホイールバイクに変形するアイディアも然る事ながら、
アクションフィギュアとしても申し分ない可動やスタイルは凄いですよね!
これでSWTFの初期の頃のトイと言うのだから尚更です。

映画でもグリーバスは異形っぷりが素敵で、好きなキャラなのですねー。^^
スピンディスクはなかなかのアイディアだと思います、後のSWTFにも残して欲しかったなぁw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボンバービーダマン爆外伝V デビルホーネット | トップページ | トランスフォーマー ダークサイド・ムーン サイドスワイプ(G1カラー) »